他人に不快感を与えないためにケアすべき臭いとは

他人に不快感を与えないために臭いのケアは不可欠ですが、具体的にどのような臭いをケアすればよいのでしょうか。

一つ目は、「衣類」。http://valerieleavy.com/

スーツなどは原料が羊毛でできているため、湿気を含むと本来の動物臭が強くなります。

これを予防するには、湿気をとることが大切です。

また、洗濯物は生乾きだと臭いが残りますが、これは衣類に残った菌が原因です。

これを予防するには、汚れをしっかり取り、乾燥させる必要があります。

二つ目は、「汗」。

汗自体にはほとんど臭いはないのですが、汗に含まれる脂肪や鉄分などが皮膚の常在菌によって分解されたり、皮脂が鉄イオンによって酸化することなどにより臭いが出てきます。

汗の臭いを予防するためには、体を清潔にするのはもちろんのこと、汗をかいたらすぐに拭き取ることがポイントです。

三つ目は、「口臭」。

口臭のおよそ8割は、口腔内に原因があるとされています。

これは、臭いの原因である口腔内の細菌が、口腔衛生の悪化によって増え、悪臭物質を生成することによって発生します。

また、タバコ・アルコールの摂取の他、加齢やストレスが原因である就寝中の唾液分泌量の低下が原因となっていることもあります。

これを予防するには、歯磨きはもちろんのこと、マウスウォッシュなどで細菌が増えるのを防ぐのがベストです。