制汗スプレーにフェイスシートでも効かない汗の臭い

私はとにかく汗かきです。特に寝汗がひどいです。朝起きた時の体全体の汗の臭い。パジャマ、下着の首回りの臭い、枕の臭いに、毎朝嫁さんから、くさいと言われます。

http://choralfestusa.org/

パジャマは毎朝変えないと駄目なぐらい首回りが臭います。頭も臭います。毎朝起きてから、制汗スプレーを首回り、脇、お腹回りに吹き付けてから、顔を洗い、スーツに着替えますが、その時点ですでに、清汗スプレーの効き目はなく、首回りは汗の臭いがなんともいえません。ワイシャツに、消臭スプレーを吹き付けて出勤します。

仕事は事務ですが、制汗スプレーは持って行けませんので、かばんにフェイスシートを入れてあります。仕事場では、お昼ご飯を食べた後からの汗のかきかたがひどく、ハンドタオルがすぐにベタベタになります。その時は、フェイスシートで額に、耳元など汗や、臭いの気になる所をふきますが、汗の臭いは止まらず、フェイスシートは黄色く汚れます。回りの臭いが気になります。服の臭いも気になります。

ロッカー芳香剤と消臭スプレーを置いてあり、朝更衣室で、服に消臭スプレーを吹き付けて職場に行きますが、汗の臭いがひどく
消臭スプレーでは、服の汗の臭いは効きません。以前は、薔薇の香りの制汗シートを使っていたことがありますが、その時は、薔薇の匂いがきつく使うのをやめました。体質なのか、入浴方法が悪いのか、汗の臭いが非常にきつい体です。

他人に不快感を与えないためにケアすべき臭いとは

他人に不快感を与えないために臭いのケアは不可欠ですが、具体的にどのような臭いをケアすればよいのでしょうか。

一つ目は、「衣類」。http://valerieleavy.com/

スーツなどは原料が羊毛でできているため、湿気を含むと本来の動物臭が強くなります。

これを予防するには、湿気をとることが大切です。

また、洗濯物は生乾きだと臭いが残りますが、これは衣類に残った菌が原因です。

これを予防するには、汚れをしっかり取り、乾燥させる必要があります。

二つ目は、「汗」。

汗自体にはほとんど臭いはないのですが、汗に含まれる脂肪や鉄分などが皮膚の常在菌によって分解されたり、皮脂が鉄イオンによって酸化することなどにより臭いが出てきます。

汗の臭いを予防するためには、体を清潔にするのはもちろんのこと、汗をかいたらすぐに拭き取ることがポイントです。

三つ目は、「口臭」。

口臭のおよそ8割は、口腔内に原因があるとされています。

これは、臭いの原因である口腔内の細菌が、口腔衛生の悪化によって増え、悪臭物質を生成することによって発生します。

また、タバコ・アルコールの摂取の他、加齢やストレスが原因である就寝中の唾液分泌量の低下が原因となっていることもあります。

これを予防するには、歯磨きはもちろんのこと、マウスウォッシュなどで細菌が増えるのを防ぐのがベストです。