白髪の原因について紹介

白髪は加齢だけが原因ではありません。その他ある原因について紹介します。
 まずはストレスです。ストレスが溜まると活性酸素が増えるだけでなく頭皮も固くなります。気づいた時にはマッサージをして血流を良くしリラックスすることが大切です。

艶黒美人の悪い評判を徹底調査!効果なしで効かないという口コミは嘘?

 次が活性酸素です。過度の活性酸素は、髪のメラニン色素を破壊してしまう恐れがあります。エビや牡蠣などの抗酸化成分を積極的に摂取しましょう。
 次が生活習慣です。白髪を発見したら頭皮の血流を良くして栄養を行き届きやすくしましょう。毛穴の詰まりも頭皮トラブルの原因になるので清潔に保つようにしましょう。

 最後が遺伝です。白髪は30代後半あたりから出始めます。遺伝だと10代から出る人もいます。特に両親のどちらかが若白髪体質の場合は白髪になる可能性が大いにあります。

白髪のメカニズムを紹介します。肌にとってはシミの元になりうるメラニンも、髪にとっては生まれたての髪を黒色にするありがたい存在です。メラニンを作り出す毛母メラノサイトは加齢とともに再生機能が低下し、最終的には枯渇します。すると完全に白髪になります。毛母メラノサイトの中にチロシンというアミノ酸が含まれ、チロシナーゼという酵素と結びつくとメラニンが発生します。メラノサイトの活性化のためには、肉や魚、大豆などアミノ酸を摂取するのが効果的です。

白髪との闘い

初めて白髪を見たのは、5年ほど前、40歳になったころです。それまでは黒髪をやや茶髪に染めて、自分は白髪にはならない、グレイヘアとは無縁と誠に勝手ながら考えていました。昔、後輩の耳の周囲の白髪を見て、老けたなと感じていたものです。どう見ても染めている白髪を見ながら、そのことには触れずに気を使っていました。そして、いよいよ自分もその状況になりました。

http://www.sonarnewmusic.org/

数本の白髪を見つけた時は、根元から抜いて対処していました。すると次に生える白髪は驚くほど縮れ毛に変形。後から分かったのですが、毛を抜くと毛根が傷つき、その後に生える毛が縮れるそうです。ただでさえ目立つ白髪が、かなりのウェーブで大惨事に。それ以来、白髪は染めることに決定しました。

しかしながら、数本の白髪を染めるのは技術的にも難しく、経済的にも負担が。ピンポイントでのカラーリング材を使うと、手軽に染まりますが、数日後には白色にウェルカムバック。今は2週間に1回、Amazon人気No1の、少し高級なカラーリング材を使用して対処しています。頭髪はこれでいいのですが、問題はアンダーヘアーと1本だけある眉毛の白髪。これらを見つけた時の精神的ダメージは計り知れないレベルです。今は慣れてきて、都度抜いて処理しています。まだ、家族にも気づかれていません。

若白髪にも程がある!!

若白髪と聞くと何歳くらいからの白髪を思い浮かべるでしょうか。高校生くらい?もっと若くて中学生くらい?いやいや私は小学校3年生9歳から白髪がありました。小学校3年生の時、いつも行っていた近所の床屋さんで「おいおい白髪あるよ」と言われたのが最初で、最初はぜんぜん気にしていませんでした。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ!

しかし、月1ペースで床屋に行くと、その度に床屋の親父さんから「あんた来るたびに白髪ふえるねー」といわれ、次第に気にするようになってきまた。その後も白髪は増え続け、小学校5年生になる頃には、側頭部は左右とも半分くらい白髪です。

そのせいで同級生からは結構からかわれましたし、学芸会の演劇では全会一致でおじいちゃん役。そりゃ役で烏帽子を被ると、ちょうど見えてる側頭部は白髪頭ですからね。いわゆる”はまり役〟ですよ。

その後しばらくの間あだ名は「おじいちゃん」でした。こうなればもうネタにするしかありません。周囲の大人達は気を使ってくてれていたのか「子供の時からの白髪は家宝白髪と言ってね、大人になったら立派な人になるんだよ。きっと大金持ちになるよ。」といわれたりもしましたが、46歳になる現在、いまだに立派な人にも大金持ちにもなっておりません。もしかしたら私はまだ子供のままなのだろうか・・・

シャンプーでここまで変わるとは・・・

天然パーマです。短い時は、目立ちません。一定上の長さになると、元々大きな頭が、天然パーマで爆発して更に大きく見えるのです。

運がいいのは長らく同じ理髪店に通っていたので、覚えるまで「シャレに目覚めて、髪の長さを伸ばしてあれこれしたくなっても絶対に他の理髪店に行くな 兄ちゃんの髪質でパーマは腕に覚えが無いと制御できなくなるから、少なくともうちの店員なら抑えられるから」とずっと言われ続けていたのと、体育会系だったのもあり髪の長さは常時短い目です。

艶黒美人

ただその理髪店の店員さんも一緒に悩んだのが、パーマしようとしたら理髪師の腕が問われるくらいのじゃじゃ馬な私の髪質です。(それこそ 二度と来ないでと文句言う理髪店もありました)そう簡単にこの髪質にあったシャンプーを見つけるのはとても時間がかかりました。使う側はこれが良いかなぁ?というシャンプーを見つけたけど、散髪に行くと「シャンプー変えた?」と聞かれると「変えてみました」と答えるけど「髪は相変わらずやなぁ」の連続でした。何年か一本使い切るごとに別のシャンプーを試すペースが続きました。

長年通ってた理髪店もなくなり、新しい所に落ち着きかけた頃に思わぬところで見つけたシャンプーで上記の理髪師に教わってた変化をだせたので、バイク乗るのですが、ヘルメットの中で髪が伸びても暴れることもへりも普段のシャンプーも頭皮の悩みまで楽になりました。

見かけは40歳だけど実は白髪ボーボーの50歳

見かけはいつも40歳といわれるくらい美容には気を使ってる、実年齢50歳の女性です。

http://www.lightofeastensemble.com/

体型もお肌も常に若く美しくいようと頑張ってますが、髪の毛だけは既に「お婆さん化」してます。30歳過ぎからチラホラ白髪が出てきて、その時は見つけしだい抜いてたのですが、45歳くらいから抜け毛も気になり「これは抜いていたらハゲる!」状態に。そして50歳の今は頭の前と横部分は全て白髪です。

白髪染めは美容院に頻繁に行くのが面倒なので自分で染めています。ひと月に一度全体を染めて、その後伸びてきた白髪はライトブラウンのカラートリートメントで凌いでいます。紙の色は白髪が伸びてきても気にならないように茶髪にしてるのですが、白髪の量が増えると、茶色が金色っぽく見えてくるんです。

まるでメッシュを入れた感じになってます。でもダークな髪色にすると伸びた白髪が目立つし、明るすぎる髪色も下品に見えるし悩みますね。これからもずっと髪を染め続けるのも髪にも頭皮にも良くないし、でも若々しくいたいし、切実な悩みです。

きっと白髪染めを辞めたら一気にお婆さんになるかと思います。それが凄く嫌だから、恐れながらも白髪染めを使い続けるしかないですね。

年齢とともに増える白髪の悩みについて

毎日鏡で自身の髪の毛をみると、やけに白髪が多くなってきたと思う時が多くあります。
白髪の原因となるものとしては、加齢によるものが多いとされており、たしかに私も年齢を重ねて白髪の量も増えてきた結果でもあります。

ボタニカルエアカラーフォームの最安値通販は?私の口コミ&評価をこっそりご報告!

人間は加齢とともに髪の毛を構成するメラニン色素が減るためで、この加齢の問題は人間にとっては止められない要因です。
一方、メラニン色素を減らす要因は加齢の他にもあるとされています。
例えば、生活習慣の乱れが引き金となる睡眠不足、食生活の乱れの他に、会社や家庭でのストレスといった要因もあります。
睡眠不足によって人間の体を回復させる自己修復機能が低下することなります。このため、睡眠不足は体を休息させる時間も減ることになります。
この休息時間は人間の体がリラックスできる状態なのですが、睡眠不足によってリラックスできない状態が続いたり、ストレスによって体の緊張状態が続くことになると、血行も悪化することになり、体全体に栄養素が行き届かない状態になりやすくなります。
加えて、睡眠不足は生活習慣の乱れからくるものが多く、更に食生活も偏りがちになりやすい傾向があります。この食生活の乱れが、人間の体にある自己修復能力を更に低下させることになりますので、白髪も増えやすい環境を作ってしまうのです。
加齢によって白髪が増えてしまうのは自然の摂理ではありますが、自らの生活習慣の見直しによって睡眠不足や食生活の乱れを改善し、さらに体を動かしたりしてストレスを軽減することによって白髪の量を増やさないこともできるのです。