間違ったお手入れによる悲劇

女性は一年中お肌の悩みと戦っているといっても過言ではありません。私は脂性肌だったこともあり中学生から20歳を過ぎるまでずっとニキビや吹き出物に悩まされていました。常に清潔を保つために一日に何度も洗顔してゴシゴシと洗っていました。

ヴィオテラスCセラムの効果と私の口コミ!使い方から解約方法までを徹底解説!

また、キュッキュッと音がなるほど洗わないと納得がいかずかなり荒い洗顔をしていました。そしてベタベタするのが嫌で化粧水しかつけていませんでした。大人になった今は当時の洗顔が間違っていたことは認めざるを得ません。洗いすぎによってお肌に必要な大事な成分までゴシゴシとあらいながしていたのです。しかも乾燥しているのに化粧水しか使わず、私は何をしていたのでしょうか。

肌がその乾燥を防ぐために余計な脂を出していたんです。その状態に気づくまでかなりの時間を要しました。化粧品売り場のカウンターでお肌チェックをしてもらったときにひどい乾燥肌でどんなお手入れをしていたのかを説明すると何もかも真逆のことをしていたことがわかりました。

今ではしっかりと泡立てた洗顔料をお肌に触れるか触れないかくらいで優しく洗い摩擦を最低限にすること、洗い流したあとは乾燥を防ぐために化粧水をお肌に染み込ませるようコットンパック、乳液と最後はクリームで蓋をしています。そのおかげでニキビもおさまり健やかに肌を保つことができています。