口臭が無くなる予防法

 口臭は病気なサインです。自然治癒力が低下していたり内臓機能が弱ったりする可能性があります。その他虫歯や歯周病など、口に関係する原因もあります。これらの予防策を紹介します。まずは舌清掃です。口臭の発生源は舌なので舌背の歯垢を除去することで口臭予防が出来ます。

ブレスマイルクリアは市販で購入可能?薬局やドンキでの取扱を調査!

次がうがいです。病的口臭でなければ水によるうがいでも十分に効果が有ります。但し効果が短いのでうがい薬を使用すれば効果が持続します。次がお茶です。お茶の成分であるカテキンは消臭効果が有るとされています。飲むことで息の消臭効果が期待でき、うがいも水に比べると効果が有ります。あとは唾液分泌機能促進です。虫歯や歯周病も唾液分泌機能に大きく影響しますが、口臭も唾液分泌機能に影響します。

現代人は唾液分泌機能が低下しています。虫歯や歯周病予防も兼ねて唾液分泌を促進させる方法は、普段の食事によく噛むことです。一口30回以上噛んでから飲み込むようにしましょう。そうすれば唾液分泌を促進でき口臭予防となります。最後に舌による洗浄です。

舌の下には唾液を出す穴があります。舌を動かすことで反射的に唾液が出ます。この唾液を使い口の中をくまなく洗います。そうすると口の中の菌が洗われて口臭が減少します。
以上の事をすれば、口臭予防となるでしょう。

歳を重ねると口臭が気になりませんか?

自分は43歳の既婚者です。子供も授かり平凡な家庭を築いている者です。イニオ

最近、口臭が非常に気になっております。というのも、小さい子供から『お父さん口が臭いわ』と言われる回数が増えてきているからです。

小さい子供は忖度しないのでずけずけ言ってきます。こんなのはマンガかCMの話やろくらいにしか思っていなかったのに、まさか自分が言われる時がくるとは

思いもしませんでした。

そこからはいかに口臭を防いで子供に臭いと言われなくするか、をテーマに対策を練っております。今回はそのいくつかの方法をお話ししたいと思います。

まずは、オーソドックスに、子供と遊ぶ前に歯を磨くという事です。単純ですが、臭いということは汚れているという事だと思うので、掃除をしてあげます。

但し、持続性はあまりないのかもしれません。特に歳を重ねると。

次に、牛乳を飲む事です。何かの本かテレビで見たと思うんですが、口臭を抑える効果があったと思うので実践しています。

しかし、子供はどう思ってるのかわからないのですが、自分の口の中が牛乳臭くて自分が嫌だなと感じております。自爆ですね。

最後に、空腹状態を出来るだけ作らないという事です。これも何かで見たんですが、空腹だと口が臭くなるらしいのです。

だから、子供と遊ぶ前やお話をする前は、出来るだけお腹を満たした状態を作っております。効果の程は正直わかりません。

まとめると、まず何かを食べてお腹を満たして、その時に牛乳も飲みつつ、最後に歯を磨いて子供と遊ぶ、が今のところ最適な手段かなと思います。

これももっと歳を重ねると効果が無くなってくるのかなと思うと憂鬱になる今日この頃です。