シミができる原因と対処法

「いつの間にかこんなに大きなシミが…」
「どんどんシミが濃くなってきた」

なんてことはありませんか?

シミの原因と対処法を知って、綺麗な肌を手に入れたいですよね。

セシュレル

シミの原因は、紫外線だけだと思っていませんか?
紫外線はもちろんなのですが、それ以外にも
・ブルーライト
・摩擦
・ストレス
もシミの原因になるんです!

ではシミができにくい肌になるための対処法をお伝えします☆

1番は、紫外線を浴びないためのUV対策です。
夏の晴れた暑い日だけでなく、曇りの日や冬も紫外線は降り注いでいます。
日焼け止めだけでなくSPFが入ったファンデーションやリップクリームなどもありますので積極的にSPF入りのものを選びましょう。

また、日傘も忘れずに差すようにしましょう!

次にブルーライトを避けるには、スマートフォンの画面の保護シートをブルーライトカット仕様にするのがおすすめです。

そして、肌に摩擦を与えないこと!
美白効果のある化粧品を使っていても、肌に摩擦を与えてしまうとシミを作ってしまう原因になります。

肌を優しく触ることを意識しながら、以下の成分が入ったスキンケアを選んでみてください。

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸

成分を意識しながらスキンケアを選ぶのもポイントになります。

また、肌が乾燥していると刺激に弱い肌になってしまいます。
ですので普段から念入りにスキンケアをして、肌の水分量を上げてくださいね☆

これらを意識して、シミのない肌を目指しましょう!

どんどん進む…ほうれい線としみ

30歳をこえたころから、ほうれい線が気になり始めました。いっぱい保湿しても、マッサージしても効果がよくわからない…どんどん深いほうれい線になってしまうのではないかととても悲しくなりました。

http://www.dinnerinthesky.net/

インターネットでもたくさん、狂ったかのように調べました。人前に出るのも嫌だなぁと思うようにもなりました。
しかし、以前美容部員の方から、お肌は絶対やっただけこたえてくれる!!と言われたことを思い出し、根気よく今もケアを続けています。2年以上…これからも続けるしかないかなと思います。

ほうれい線をケアしているうちに、何かしみもでてきた!としみも気になるようになってきました。
もともと肌が薄く、クマも常にある感じ…しみがでてきて、さらに顔色が悪くなりました。ビタミンCが効くと聞いたことがあったので、サプリメントや飲み物、ビタミンCを摂れるものを選ぶように心がけました。

あまり効果は分からず…
色々考えて調べた結果、
フェイシャルエステに興味がでてきました!
定期的に通っていけたらいいなぁと考えています。

まだエステに通うまでにはいたっていませんが、
ほうれい線がない…完全には難しいと思うので、薄いほうれい線、顔色が良い状態を保ちたいです。

ニキビをセルフケアで治すための食事について

お肌の悩みの一つに「ニキビ」がありますが、日々の食事に気を遣うことは、内側からのニキビケアにつながります。

間色や暴飲暴食などをなるべく避け、3回の食事からいろいろな栄養を摂り入れましょう。ネーヴェクレマ

肌の材料であるタンパク質、肌の新陳代謝を促進したり皮脂の量を制御するビタミンB2・ビタミンB6、血行を改善して肌荒れを解消してくれるビタミンE、便秘を解消してくれる食物繊維などを積極的に摂取するようにしましょう。

さらに、大人のニキビの場合、肌のターンオーバーを調整するビタミンA、ストレスから来る肌のバリア機能の低下を防止するビタミンB1・ビタミンCを摂るのもよいでしょう。

以前は、チョコレート・ケーキ・ピーナッツ・揚げ物といった甘い物や脂っこい物を食べるとニキビができやすくなるといわれていましたが、こういった食べ物がニキビに悪い影響を与えるとは確実にはいえないことが、最近では分かってきました。

とはいえ、糖分を多く含んだ食べ物であったり、動物性脂肪を多く含んだ食べ物は、皮脂の成分の「トリグリセリド」を増加させるおそれがあるので、皮脂が多くて悩んでいるという人の場合は、こういった物を食べるのは控えたほうがよいかもしれません。

夏の「日焼け」はアフターケアできていますか?

夏になると、海水浴やプールなどの屋外レジャーが待っています。

ネオちゅらびはだは効果なし?購入して3ヶ月使った私の口コミ評価!

しかし、夏につきものなのが「日焼け」なのですが、私は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりぐらいしか対策をしていません。

「日焼け」とは、紫外線を浴びて、皮膚が炎症を起こした状態で、広く言えば火傷です。

だから、日焼けの後に入浴やシャワーを浴びるとヒリヒリしたり、皮膚が剥がれたりするのです。

それに、日差しが強くなると、紫外線から皮膚守るため「メラニン」を作り、その色素で紫外線を吸収しようとします。

しかし、その働きで色素沈着をおこし、シワやシミの原因になるので女性には大敵です。

仮に、UVカットの化粧品を塗り、日傘を指して長袖の服を着て外出しても、日焼けをしてしまったら、出来るだけ迅速にその状態に合わせたアフターケアーが大切です。

熱い、痛いなどの症状があれば、すぐに冷水で冷して専用の薬を塗り、もし「水ぶくれ」になっていたり、雑菌がはいって炎症を起こしていたり、傷跡が残っていたら潰さずに受診してください。

「年々、日差しが強くなってきて、紫外線が増えています」と言われて久しいですが、ケア次第でその後の皮膚の状態が良くなるのでしっかり対策したいものです。

シミ対策で大失敗!完全防御の落とし穴!

紫外線が強くなり始めるこの時期、気になるのがシミ。なるべく日に焼けないように、こまめに日焼け止めを塗ってはいても、やっぱり心配。特に車の中はガラスを通しての日差しが強くて。腕や手はカバーで隠せても顔はカバーしきれない…。http://spirituelleangebote.org/

そこでひらめきました!コロナ流行でマスクを手放せないこのご時世を逆手にとってやるのです!マスクのプリーツを最大限伸ばし、目の下ぎりぎりから顎の先まですっぽり包む!マスクで隠しきれない目尻や耳のわき、おでこなどは髪の毛を肌にくっつけるようにして隠す!これで完璧!普段ならすれ違う対向車などにギョッとされかれない姿ですが、マスクが必須アイテムの今なら、それほど注目されないのでは!思いついて車に乗る度に実践して、1週間後。私はこの作戦の弱点に気がつくことになるのです。

作戦の成果を確認しようと鏡を覗き込んで、鏡の中の自分をよく観察すると、驚愕!!うっすらとおでこを頂点、眉間を底辺にした三角形型の日焼けが!なんで…。完全防御できていたはずなのに…!なぜこんなことに!?マスク、サングラスを取り出し、鏡の前で作戦実行中の姿になってみて、気がついてしまいました。私の髪型はワンレングスのロングヘア。

ワンレン=前髪がない…。前髪がない分、おでこをカバーできていなかったのです。全然完全防御じゃなかった…。シミ対策が裏目に出て、顔面におかしな形の日焼けあとを作ってしまい、現在途方にくれています。もういっそガングロになろうかな…。目指せ、松崎しげる!?

次から次へとニキビが増えて困っている

顔にニキビがとてもできやすくて困っています。ネオちゅらびはだを使用

例えば顎にニキビがてきていてそれが治ったら今度はおでこ辺りにニキビができた、なんてことが多々ありやっと治ったと思っても違うところにできてしまうというのがずっと続いています。

そして私はからあげ等の揚げ物やチョコレートなどニキビができやすいものが好きなんですが私の肌が弱いのか少し食べただけでも次の日にはニキビができてしまいます。それ以外にも、夜中に全然寝られなくて寝不足になってしまった時はどこかしらにニキビができます。

でも毎日ニキビ予防の洗顔料で顔を洗っているのに効果はないので洗顔料にはあまり頼っていません。

しかし食べ物や睡眠不足でできたニキビは食べるのを控えたり、しっかり睡眠をすればだいたい綺麗に治ってくれるのでそれはすごく助かります。

でもやっぱりもっとニキビができにくい、というかニキビ予防をもっとしっかりしたいのですが私はお肌のケアのことは全然わからなくて色んな種類がある中から何を使えばいいのか、どれが自分に合うのかとお店で色んな商品を見るのですが結局わからず毎回買わず終いです。

友達にどれがいあ?と聞いてもこれめっちゃ良かった!あれも結構よかったよ!と何でもかんでもよかったと言われるので結局迷いに迷った結果かわずに終わることが多々あります…

まぁ自分に合うものなんて試さないとわからないのでなんでもいいからとりあえず買って試せばいいだけなのはわかっていますが、適当に買うことに何故か抵抗してしまい結局お肌のケアができていないままなのも私の悩みです。

ニキビ・ニキビ跡と戦う

肌荒れはとても辛いものですよね。私も昔は酷い乾燥肌とニキビ・ニキビ跡に非常に悩んでいました。

しかし、今は10人いたら8人には「肌綺麗だね」と褒められるまでになりました!

そこで、ニキビの酷かった私が、肌を褒められるようになるまでの経緯を紹介します!

http://www.mason-works.com/

ニキビには「保湿が重要」や「ビタミンc入りの化粧品を肌に塗ると効果的」といった謳い文句がこの世に溢れています。必ずしも間違いではないですが、ニキビを根本的に解決するには次の2つが重要となってきます。

それが、「アレルギー」と「ストレス」です。アレルギーについて、例えば貴方がハウスダストアレルギーだったとします。そこで肌に塗ったクリームにハウスダストが付着し、炎症を起こしてニキビの原因になることがあります。

また、食物アレルギーによってニキビの原因を作ってしまってることもあります。

なので、病院で一度アレルギー検査をしてもらうことをオススメします。

ストレスについて、これもニキビを根本的に直すには重要になってきます。自律神経が乱れ、感情の波が不安定になっていると、身体にもお肌にもよくありません。

また、ストレスにより腸内環境が乱れ、便秘や下痢気味になることで身体に毒素が溜まり、その結果肌荒れに繋がることもあります。

ストレスによる肌荒れは自分自身から発せられたSOSサインです。それを見逃さずにしっかり身体を休めることが大切ですよ。

保湿や化粧品によるニキビ治療は一時的なものです。身体の中を整えて、美肌を作っていきましょう!

吹き出物は食生活に気をつけよう。

顔や身体の吹き出物に悩んだことはありませんか?

私は元々肌が弱く、若いころから吹き出物に悩んできました。

悪評が多い?シロジャムの口コミや評判を徹底調査!真の効果をこっそりレポートします!

思春期の顔に出る吹き出物は、自信を失わせ、内向的な性格の原因になったりしますね。

でも大丈夫です。

吹き出物は、簡単に抑えることができます。

ポイントは食生活です。

吹き出物と、食生活は、密接にかかわりあっています。

社会人になりたての頃、仕事帰りにコンビニで菓子パンを買って食べていました。

そして私の太ももには吹き出物ができ、ボリボリかいて悪化していました。

菓子パンの何が悪いのか?

たぶん大量の砂糖、添加物、脂質でしょうか?

精白した小麦粉も悪いですね。

おすすめは、生野菜を食べることです。

一日一食でもいいので、生野菜を食べることを日課にしてください。

それからできれば玄米を食べること。

できるならば、酵素玄米を作れば、格段に食べやすくなります。

最近はamazonなどでも、簡単に農薬が少なく、おいしい玄米を買うことができます。

amazonなら送料無料で送ってもらえるので、お得ですね。

あとは肉や魚を食べる量を減らして、

全体的に野菜の量を増やしてください。

タンパク質・炭水化物・野菜の比率は、

3:3:4くらいで。

お菓子の量も、できるだけ減らしてください。

まったく食べないのは、無理でしょうから、

半分に減らすとか、できる範囲で調整してください。

玄米を食べるようにして、野菜を増やして、

ジャンクフードを食べないようにするだけで、

吹き出物は改善すると思います。

無理なくできるところから、ぜひ試してみてください。

このシミ、どうにかならないの???

年齢を重ねると共に、いつの間にか増えているシミ。鏡を見て愕然とする…そんな経験のある方は多いのでは?かく言う私もその一人。http://vincentdelermofficiel.com/

子供の頃からそばかすのある顔。そばかす美人なんていう言葉があるでしょ?な?んて笑顔で言い放てたのも若いうちだけ。気が付けばそのチャームポイントも憎きシミと化しているではありませんか??

小さい点で無数に散りばめられていたはずのそばかす。それが今では一つ一つが大きくなって、更には隣同士で合体して巨大化しているではありませんか。え?、嘘でしょう?と泣きたくなる思い。

これはいかん!と、ホワイトニング効果のある化粧品を買い漁り使用することに。ところが、その化粧品を使い始めて一週間くらい経った頃、肌荒れを起こし顔が真っ赤っかに…。これじゃシミ消しどころの騒ぎじゃないよ。もっとひどいことになっているじゃない…とホワイトニング効果のある化粧品の使用は泣く泣くあきらめて、またいつもの化粧品に戻ることに。

もともと肌が弱いこともあり、刺激の少ない化粧品を使っているのですが、それと同じメーカーのホワイトニングに変えただけなので、安心しきってのケアだったのに、まさか肌に合わないなんてことがあるとは。

それからは、肌に余計な負担をかけるのが怖くて、結局、悩みのシミは放置のまま。

何もケアをできないままで、どんどんシミが増えていったらどうしよう…何か良い方法はないの?と、鏡を見るたびに恐怖に震える私なのでした。

3ニキビケアについて

こんにちは。私は現在35歳として会社員として勤務しています。20歳から頬全体に赤いニキビができるようになり顔中が真っ赤でした。http://www.svitani.net/

治したかったけれど、そんなに稼いでいる方ではなかったため、市販のニキビ薬や皮膚科であれば保険が効いたので行きましたが特に改善されず反対に潰されてしまった後がケアが不十分だったのかわかりませんが、数か所クレーターができました。

ショックだったことを覚えています。実家帰省時には親からびっくりされました。どうしたら良くなるのか、出来て消えたと思ったら、また増えてということと、エステに関してキャッチを受けそうになったり、自宅でできるエステマシーンを上司から勧められりとストレスもありました。

エステマシーンは上司だったため、断り切れず契約しました。自宅で使うようになったのですが、一人暮らしのせまいアパートにはあまりにも大きすぎました。毎日はしませんでしたが、時々自分でやってみました。多少の赤いニキビは減りましたが、当然クレーターは隠れませんでした。20歳後半で仕事を辞めたため残ったローンを払い、エステマシーンはお返ししました。

その頃に「オードムーゲ」のふき取り化粧水を知り試しにしたところ私には合っていたため使い続けでようやく赤いニキビができにくくなりました。クレーターは残ってしまいましたが、隠せるコンシーラーやクレーター用の化粧水、美容液もあるし、お金をためて美容外科へ、行くのもありかと思いました。現在の肌は安定しています。

炭酸飲料は、体に悪いのは大きな間違いです。

私は、炭酸飲料の缶のフタを開けるときの音と飲んだときのシュワッとした刺激が好きです。炭酸飲料で代表的なものは今や、世界的に有名なコーラでしょうね。

古くからある炭酸飲料で、そのレシピは門外不出とされ、コーラを製造している会社のトップ二人しか、そのレシピを知らないという、ナゾを秘めた炭酸飲料でもあります。

いずれ、コーラについても書いてみたいと思っています。少し脱線しましたが、「炭酸飲料は、体に悪いのか?」ということについて、気になったので調べてみました。

肌のくすみに効果なし?ネーヴェクレマの口コミと市販の店舗での販売状況を報告します!

炭酸飲料の代表といえばコーラです。その他には、炭酸オレンジ、炭酸グレープなど、豊富に種類がありますね。これまた歴史の深い、三ツ矢サイダーもファンタもそうですし、炭酸が強いことで有名な、ドクターペッパーもあります。これらジュースとは反対に、甘くない炭酸飲料もあります。

ウイスキーなどのお酒を割るときに使われる炭酸水と言われているものがそうです。調べてみると、どうやら「炭酸は骨を溶かす」や「炭酸が体に悪い」と以前から言われていたのはあるものの、それは間違いであるようで、体に悪いのは炭酸ではなく、甘くしたり、果実の色を付けるのに使われている、合成甘味料や着色料、保存するのに使われる保存料が体に悪いのだそうです。

なかでも、合成甘味料が曲者で砂糖の数百倍の甘さがあるのだそうです。その合成甘味料を実験用のマウスに微量な量、与えた実験によると、そのマウスは亡くなってしまったそうです。炭酸が体に悪いとすれば、炭酸水なるものも出てはこなかったのではないかなと思います。

そのような事実があることを知ったものの、味が付いていたほうがいいのと炭酸飲料を飲むと気分がスッキリすることもあって、私はやめられそうにないのですが、気分をスッキリさせるのと、鎮痛剤のような効果もあって、急な胃痛が起きたときに炭酸を飲むことによってたくさん分泌された胃液の酸性を薄める効果があります。

水道水の質があまりよくなく、水を買って飲んだり、使ったりする習慣がある欧米では良質の天然炭酸水がビン詰めにされ、ミネラルウォーターとして売られているそうでレストランでは、水を頼むと炭酸入りにするか、そうでないものにするかを聞かれるそうです。

炭酸は体に悪いわけではなかったのですね。少し、炭酸ジュースを控えめにしていこうと思いました。

 

断続的にできるニキビ

現在は少し落ち着きましたが、数カ月前まで断続的にできるニキビに苦しんでいました。2年ほど前からアゴの付近にニキビが複数でるようになりました。ヴィオテラスCセラム

最初は市販のクリームを塗って処置をしていたのですが一向に効果がなく、時間の経過とともにニキビが消滅したとしても、しばらくするとまた同じように現れるという繰り返しでした。アゴの付近だけではなく、なぜか頭皮にもニキビのような腫瘍が出始めました。

当初は「仕方ない、いずれ治る」と思って本格的な治療は考えていませんでしたが、ある時友達から女性が同席するコンパに誘われたことがありました。その際に、「初めて会う女性に自分のニキビを晒すわけにはいかない」という理由で断ったということがありました。

今後も同じような理由で機会を逃してしまうかもしれないことに思いが至り、意を決してその日のうちにニキビ治療専門のクリニックに行きました。診断をしてもらい、1年契約で約12万円近くの大金を払い、その後は週に1度は通って治療を受け続けました。

治療の一環で、ニキビに針を刺されるのですがそれが涙が出るほど痛いため精神的にはシンドイものがありましたが、ニキビを完治させたい思いで何とか継続しました。治療中も、やはり消滅しては再度現れるという状態が続いていましたが、治療を始めて1年が経った頃、ようやくニキビがほとんど再発しないような肌になりました。ニキビと付き合うのはもうコリゴリといった心境の今日この頃です。