炭酸飲料は、体に悪いのは大きな間違いです。

私は、炭酸飲料の缶のフタを開けるときの音と飲んだときのシュワッとした刺激が好きです。炭酸飲料で代表的なものは今や、世界的に有名なコーラでしょうね。

古くからある炭酸飲料で、そのレシピは門外不出とされ、コーラを製造している会社のトップ二人しか、そのレシピを知らないという、ナゾを秘めた炭酸飲料でもあります。

いずれ、コーラについても書いてみたいと思っています。少し脱線しましたが、「炭酸飲料は、体に悪いのか?」ということについて、気になったので調べてみました。

肌のくすみに効果なし?ネーヴェクレマの口コミと市販の店舗での販売状況を報告します!

炭酸飲料の代表といえばコーラです。その他には、炭酸オレンジ、炭酸グレープなど、豊富に種類がありますね。これまた歴史の深い、三ツ矢サイダーもファンタもそうですし、炭酸が強いことで有名な、ドクターペッパーもあります。これらジュースとは反対に、甘くない炭酸飲料もあります。

ウイスキーなどのお酒を割るときに使われる炭酸水と言われているものがそうです。調べてみると、どうやら「炭酸は骨を溶かす」や「炭酸が体に悪い」と以前から言われていたのはあるものの、それは間違いであるようで、体に悪いのは炭酸ではなく、甘くしたり、果実の色を付けるのに使われている、合成甘味料や着色料、保存するのに使われる保存料が体に悪いのだそうです。

なかでも、合成甘味料が曲者で砂糖の数百倍の甘さがあるのだそうです。その合成甘味料を実験用のマウスに微量な量、与えた実験によると、そのマウスは亡くなってしまったそうです。炭酸が体に悪いとすれば、炭酸水なるものも出てはこなかったのではないかなと思います。

そのような事実があることを知ったものの、味が付いていたほうがいいのと炭酸飲料を飲むと気分がスッキリすることもあって、私はやめられそうにないのですが、気分をスッキリさせるのと、鎮痛剤のような効果もあって、急な胃痛が起きたときに炭酸を飲むことによってたくさん分泌された胃液の酸性を薄める効果があります。

水道水の質があまりよくなく、水を買って飲んだり、使ったりする習慣がある欧米では良質の天然炭酸水がビン詰めにされ、ミネラルウォーターとして売られているそうでレストランでは、水を頼むと炭酸入りにするか、そうでないものにするかを聞かれるそうです。

炭酸は体に悪いわけではなかったのですね。少し、炭酸ジュースを控えめにしていこうと思いました。