嫌なワキガへの対処も、慣れてきた親子

わたしは汗を多くかくほうではないのです。
でもワキガの臭いにはうんざりさせられます。

プルーストクリーム

若い頃に、ワキガの為にお気に入りの洋服に汗ジミをつくってしまったのです。
ただの汗でしたら洗濯しても取り除きやすいために、気にならないのです。

ワキガの為に、洋服のワキの位置に汗とワキガとのシミが残ってしまいました。
お気に入りの洋服ですから、夏によく着用していたのですが、
夏の終わりに、気づいたのです。

とても嫌な感じがしました。

わたしの様なワキガの体質の 人は綿の素材を着用する事で嫌なニオイも
少しは防ぐ効果もあるのです。

でもわたしに似合わない綿素材のものを、着ていた為です。

上に重ねるものについては素材は、別に選ばないのです。
でも肌にあたるものについては、わたしは絶対と言っていい程素材は綿から選ばないと
いけないとの自覚をしました。

思春期頃に出始めたワキガですが、やっぱりわたしには綿が必要とその様に思ったのは、
成人してお仕事していた頃でした。

その洋服を購入する際に、デザインと色とがとても素敵な為うっかりして、
ポリエステルの素材を着てしまったのです。

やはりワキガ体質の人は、嫌なにおいを出さない一つの方法として、
素材選びは大切とつくづく思ったのです。

二人の娘がいるのですが、ワキガ体質となるのは一人だけなのです。
おしゃれをしたい子なのですが、
ワキガへの対処にも、忙しい思いをしています。

だいぶん年齢を重ねる事で、慣れはあるようです。