休日の散歩とコーヒー

日頃は接客業で忙しい日々を過ごしているが、必ず週に1日は休みがある。

面倒なお客さんや先輩の事は忘れてのんびりと過ごす休日はまさに至福のひと時と言えるだろう。

そんな休日に私は決まって散歩をする。

出発は決まって夕食後の18時前くらい、冬場は真っ暗だが夏場は陽が長いこともあって夕焼けを見ながら黄昏。

特段目的があるわけもなくぶらぶらと足を運んでいき「あそこに酒屋さんあったっけ?」だとか「ここに歯医者さんできたんだ」などと小さな発見をしたりするのがひそかな楽しみ。

そんなのんびりとした20分程の短い散歩の最後には決まってコーヒーを飲む。

3件連なっている服屋さんのちょうど真ん中にある店舗、ここに100円均一の自販機があるのだ。

普段の面倒事を忘れ、夕日を眺めながら飲むコーヒーは格別。

「あぁ、今日も一日終わっていく。明日も頑張ろう。」と、休日なので特に何もしてはいないが、明日への活力になるのだ。

そして明日はまさにその休日、いつもの道をいつも通り歩くか、それともデパートがある辺りまで足をのばしてみるか。

いっそのこと夕方ではなく朝から歩いてみようかと、翌日は違う道や場所、時間を考えるのが少し楽しみ。

そんな特に何もない休日の私の過ごし方でした。